HOME > きもの > グンゼ再発見!?

グンゼ再発見!?

2014-04-11 金曜日

きもの

着物で毎日生活していますので、襦袢の下に着る肌着は、快適さと実用性を何より重視して選んでいます。

しばらくは大阪船場のシルク専門の問屋さんで購入した、ウォッシャブルシルクの肌襦袢とステテコを通年使っていたのですが、残念ながらこちらのお店が閉店してしまい、ちょうどよい肌着が見つからず困っていました。

そんな折たまたま通ったご近所のお店で目についたのが、昔なつかしいグンゼの「快適工房」シリーズ。
ふと着物に向くかと思い、V首七分袖のシャツと、足首までの長さのスラックス下を買ってみました。
着てみると私が着物用の冬物肌着に求める条件が、すべて揃っていることに大感激。

シャツの衿ぐりは着物の衣紋にぴったり沿いますし、七分袖は長過ぎて袖口がもっさりすることなく、冷えやすい肘がちょうど隠れる長さ。
スラックス下は、足首までの長さがあるので温かく、白なので足袋との境目が気になりません。
また太ももや膝まわりはゆったりしていて楽なうえ、足首周辺は伸縮性のある素材なので、お手洗いのときすべり落ちる心配がありません。

木綿100%で肌ざわりも良く、お値段もかなり控えめです。
古くからある定番商品なので、急に手に入らなくなる心配をしなくてもよいのも魅力です。

…と、良いことずくめのグンゼ「快適工房」シリーズ。
ただ唯一の問題点は、あまりに見た目が「昭和」っぽいところでしょうか…。

これからの季節は、さらしの肌襦袢と「さらっとLINE」などのステテコがおすすめですが、実用的な防寒の肌着をお探しの方がいらしたら、ネットでも買えるようですので、ぜひ試してみてくださいね。

ブログ記事一覧へ
コメントする
お名前*
E-mail*
URL
コメント*
 

PAGE TOP