HOME > きもの > 半衿付け

半衿付け

2010-02-05 金曜日

きもの

着物で生活していると言うと「半衿付けが面倒ではないですか?」と、よく聞かれます。

教室にお越しくださっている方はお気づきだと思いますが、実は私、針仕事が大の苦手。
雑巾ひとつ満足に縫えないくらいです・・・。
ですので半衿は全て和裁師さんに、まとめて付けていただいています。

但し身頃がサラシ製の半襦袢に、東レの洗える半衿、糸もポリエステルでお願いしていますので、頻繁に洗っても1年くらいは付けっ放しで大丈夫です。
糸が切れてきたり、半衿が少し黒ずんできたりしたら替えどき。
半衿付けは大抵1000円程度でしていただけますから、1年もつことを考えると、まあリーズナブルなのではないかと思います。

絹の襦袢に絹の半衿だと、もちろん着心地は最高ですが、毎日のことなので下着類は洗濯機で洗えることを優先にしています。
そうすると半衿も毎回替える必要がないので、かなり気楽に着物を着ることができるかと。

半衿を付けるのが苦になるという方、ぜひご参考まで。

ブログ記事一覧へ
コメントする
お名前*
E-mail*
URL
コメント*
 

PAGE TOP