HOME > きもの > 着物を着ると

着物を着ると

2009-08-21 金曜日

きもの

ランウエアとパジャマ以外は着物で過ごしていますが、慣れると洋服以上に快適だという気がしています。

まず着物は肌着に至るまで天然素材なので、肌当たりに優れています。

また、ポイントのみ締めてゆったり着つけると、とても着心地が良いものです。
洋服ですと、どうしてもブラジャー、ガードル、ストッキング、ハイヒールなどで、体を締めつけたり、無理をさせたりすることが多いですよね。

それから、布で何重にも覆っているので、大切なお腹まわりや関節を冷やすことがありません。
その上通気性には優れていて、袖口や身八つ口から余分な熱は逃がす構造になっています。

もちろん洋服のお洒落も楽しいし、現代生活に着物がそぐわない面も残念ながらあるかと思いますが・・・。

「着物のほうが楽かも」と申し上げると、はじめはびっくりされますが、着つけのポイントをマスターされ、着心地の良い襦袢や肌着を選ばれると、多くの方が納得してくださいます。

私はほぼ毎日着物で暮らすようになってから、めったに風邪をひかなくなりました。
やはり着物は、日本の風土と私たちの体に合っているんだろうなと日々実感しています。

ブログ記事一覧へ
コメントする
お名前*
E-mail*
URL
コメント*
 

PAGE TOP