HOME > きもの > 家紋のこと

家紋のこと

2009-05-20 水曜日

きもの

私は関西出身なので、家紋は女親から伝わった女紋をつけるのが正式です。
でも夫の出身である関東では、嫁ぎ先の家紋をつけます。
他に山村流の制服が紋付なので、この時点で女紋、夫の家の紋、山村流の紋と、ばらばらの紋がついた着物ができてしまいました。

数年前に思い立ち、新しく作る紋付は、全て統一することにしました。
名前が「初音」なので、源氏香のうちのひとつ、初音の紋に。
留袖や喪服は夫の家の紋、山村流の制服は山村の紋ですが、それ以外は初音の紋をつけています。

第一礼装には正式な家紋が相応しいと思いますが、それ以外でしたら、名前や好きなものにちなんだ紋をつけられても楽しいですね。

なお知人の男性は、黒紋付をパンダの紋で作っていました。
もちろん従来のもので「パンダ紋」があるわけではなく、型から起こしたそうですが、遊び心にあふれていて、随分お洒落だなと思いました。

ブログ記事一覧へ
  • 囃子。

    2009-05-22 金曜日

    初音さんならスイーツ紋かと思いきや、
    源氏香とはグッドチョイス!

    伝統紋の中にも可愛いのや、?なのが
    たくさんありますねえ。
    紋帳を見てるだけで楽しめます!

  • 堀口初音

    2009-05-23 土曜日

    紋帳、楽しいですよねー。
    おいおい、っていうのもたまにありますが(笑)、先人のデザインセンスには本当に感心してしまいます。

コメントする
お名前*
E-mail*
URL
コメント*
 

PAGE TOP