HOME > きもの > ウールの着物

ウールの着物

2009-03-05 木曜日

きもの

もっと着る方が増えればよいなーと思うのが、ウールの着物です。

軽くて暖かく、しわになりにくい。
手入れはドライクリーニングでOK、冬でも単仕立てなので縫い賃もリーズナブル。
ふだん着物にはとても適している素材だと思います。

ただ、ウールの着物はバブル期に一気にすたれてしまったので、新しい反物が極端に少ないのです。
1960~70年代はウール全盛でしたから、とてもお洒落なものが多いのですが、最近はとにかく出回っている数が少なくて。
素敵な柄の反物がたくさん織られると、きっと着たいと思われる方が増えるんじゃないかと思っています。

「ウール着物は、どれくらいの格ですか?」とよくご質問いただきますが、私はいつも「ジーンズくらい」とお答えしています。
ウール着物は「家庭着だから外出してはいけない」と言われる方もいらっしゃいますが、現代はカジュアル化していますから、ジーンズで行ける場所でしたら、ウール着物でお出掛けして大丈夫ですよ。

ブログ記事一覧へ
  • すりょん

    2009-03-06 金曜日

    「ジーンズでいけるところ」っていう格、よく聞くのですが、
    実際の感覚で言うとかなり難しいような気もします。
    ジーンズで文楽なんかにいらっしゃる方とか、
    レストランのランチタイムでも、かなりパリッとしたジーンズ姿なら
    あまり違和感がないのですが
    これがウールの着物だとどうもちょっと違うような…。
    どうしても着物だと、ワンランク格高く持っていってしまいます。

  • 堀口初音

    2009-03-07 土曜日

    コメントありがとうございます!
    確かに厳密に言っていくと難しいところですね。
    ジーンズでもぱりっとしたものとラフなものがあるように、ウール着物にも紬と見紛うようなものからカジュアルなものまでありますしね・・・。

    私は着付教室を開いている者として、礼装以外で「これはいけない」と言ってしまうことは危険だと思っています。
    でも、ワンランクアップしたほうがテンションが上がる、とかお連れがある場合は格を合わせる、とかの考え方は賛成です。

    TPOを考える場合、大切なのは「まわりの方に不快感を与えないか」「自分が居心地の悪さを感じないか」の2点だと思うので、ここを基準に各人がお洒落を楽しまれるのがいいような気がしています。

  • きよ身

    2009-03-08 日曜日

    初音先生、お久しぶりです!
    いつもブログ拝見しています。
    ウール着物、肩肘張らずに着られていいですね。
    ウール着物のときには気持ちも活動的になって、
    ポシェットななめがけしたりして楽しんでいます。
    ウールの反物を見かけることってめったにないのですが、
    いつもメルマガを読んでいる「呉服のきくや」さんで
    新しいウール着尺がいくつか出ていました。
    http://www.rakuten.co.jp/gofukunokikuya/
    こういう品がたくさん出回って、気楽に着物を楽しむ人が
    増えたらいいですね(^^)

  • 堀口初音

    2009-03-08 日曜日

    お久しぶりです♪
    私もブログ拝見しております!

    ウール着尺情報、ありがとうございます。
    一度すたれたものを復活するのは大変なことですが、お洒落なウール地がたくさん作られるようになればいいなーと思っています☆

  • くまちゃん

    2009-04-05 日曜日

    ウールの着物の格はだいたい理解できました。でもウールって冬だけしか着れないと思っていたのですが、一年中着れるのですか?教えて頂けないでしょうか。

  • 堀口初音

    2009-04-07 火曜日

    夏にはサマーウールの生地があります。
    薄手で、さらっとしています☆

コメントする
お名前*
E-mail*
URL
コメント*
 

PAGE TOP