HOME > きもの > コート考

コート考

2008-12-25 木曜日

きもの

着物用のコートを仕立てられるのでしたら、まず1枚目は化繊で単のロングコートをおすすめしています。

衿は、私は打ち合わせ式(着物と同じかたち)が好みですが、道行や被布のかたちでも。
化繊で単ですと夏以外のスリーシーズン着られますし、雨コートとしても使えます。
対丈(裾までの丈)にしておくと、着物の汚れを全く気にしなくてよいので、とても重宝いたします。

あとは紬の袷、ウールの単のコートもよく着ています。
紬のコートは、普通のコート丈でしたらカジュアル着物のときにしか着られませんが、対丈でしたら着物がすっぽり隠れてしまうので、私は礼装のときにも気にせず着ます。
ただ袷のロングコートは、裏地が2着分必要なのでご注意を。
ウールは冬の普段着用に、軽くて暖かくておすすめです。

対丈のコートは、全て着物の反物から作ります。
コート用の生地から選ぶよりも、随分種類も多いですし。
お店で「この生地はコートに向きますか?」と相談されるとよいのではないでしょうか。

ちなみにウールの反物は、私はデッドストックで探します。
新しいウールの反物って、本当に少ないのですよね。
ちょっとさびれた感じの(失礼☆)商店街の呉服屋さんの店頭ワゴンなどに、今では見られないようなお洒落なウール生地が、びっくり低価格で置いてあることも。

羽織や洋服地のコートも素敵ですが、実用的な対丈のコートも、ぜひ試してみてくださいね。

ブログ記事一覧へ
コメントする
お名前*
E-mail*
URL
コメント*
 

PAGE TOP